下着をふくらはぎのあたりまで下す女性

デリヘルの求人情報を見る際には給料の部分だけを見るというのは良くないよ

風俗で働く決心がついた!じゃあさっそく求人を見てみよう、と思っても見方がわからない!どのお店の広告を見ても同じように見えるし、みんな高い値段ばかり書いてて本当に大丈夫?なんて思うかもしれません。

優良店を探すのは初心者には難しいかもしれませんが、最低限、安心できる求人の見方をお教えします。ちょっとした参考にしてみてください。

お金ばかりを見ないこと

稼ぎたいから風俗で働こうと思っているはずです。そういう気持ちで求人情報を見ているとついついお金に眼が向きがちです。

「時給○万円!」「月収○百万円!」なんてそそられる文句が目を引くはずです。しかし、それだけを見て応募すると痛い目に遭うかもしれませんよ?お金が目的であることは間違いありませんが、実際に見てほしいのは仕事の内容やお店の種類です。

仕事の内容を知らないで適当にお金だけで選んだら自分がやったことないプレイをさせられた、なんてことはよく聞きます。ほかにも怖い人に絡まれた、なんてことも。

そんなトラブルを抱えない秘訣は、「気になる求人は良く読み込む」ということ。例えば時給が2万円!なんて書かれていても、良く見てみると交通費や衣装代の他に諸費と称したお金を引かれるということもあります。

お店のことを知る裏ワザ

大抵の求人情報にはお店の名前が書いてあります。「このお店気になるけどどんなお店かな?」と思ったら、お店の名前で検索してみるのもいいかもしれません。

利用者がヒットしたり、お店のHPがあるかもしれませんそれをチェックすれば大体の雰囲気はつかめるでしょう。実際に働いている人は自分のお店を明かすことはしないので、それは面接のときなどに直接聞くしかないかもしれませんね。